泉州たまねぎの最近のブログ記事


20170413-002-_DSC6661.jpg

今年も多くの方に来ていただいた大阪タカシマヤの催事も火曜日までになりました。
期間中に何度もお越しいただいたお客様もあり、本当にありがとうございます。

さて、泉州たまねぎは余すことなくお料理に使っていただいていると思いますが、不意にちょっとだけ残っちゃったってことありませんか?

なにか料理やサラダにするには少ないし、でも捨てちゃうのももったいないし。

そんな時には泉州たまねぎのミニバーガーとかはどうでしょうか?

20170413-001-_DSC6655.jpg

サクサクと細切りやスライスにして、お手頃なパンで挟んじゃう。
もちろん、ドレッシングもかけてオッケー。


バターやジャムで食べるパンもいいですが、泉州たまねぎだけのパンっていうのも気軽に一口でいけます。

大阪タカシマヤの催事も折り返し、多くのお客様に覚えていただいていてとてもうれしいです。

土曜日の大阪タカシマヤは20時30分までの営業で、ちょっと遅くなっても間に合います。

さて、夜遅くにちょっとお腹がすいて

「コンビニ行こうかな、でも夜遅いからなー、気になるなー」
「たまねぎだけちょこっとのこってるなー」

20170511-001-_DSC6906_2.jpg

時には泉州たまねぎヌードルなんてどうでしょう?

20170511-007-_DSC6957.jpg

電子レンジOKな器に適量のたまねぎスライスを移して

20170511-002-_DSC6915.jpg

鶏ガラスープの素なんかを大さじ半分から1ぐらい。

20170511-003-_DSC6921.jpg

200ml のお湯を加えて、電子レンジで1分ぐらい。

20170511-004-_DSC6930.jpg

ちょっと、くったりしたら

20170511-005-_DSC6938.jpg

好きなものを付け合わせてできあがり。
レモンやパクチーなんかを合わせると、昼間の疲れもとれそうです。

20170511-006-_DSC6942.jpg

よし、折り返しがんばるぞ

やっぱり旬の時期の野菜はその時のおいしさや楽しみ方があったりします。

そこで、泉州たまねぎをまるごと煮てみました。

20170410-001-_DSC6575.jpg

外側の皮をむいて、ヘタを切り落とさずに切り込みを入れてたっぷりのお出汁で煮るだけ。
お尻側に切り込みを放射状に入れれば、見た目はきれいに上から入れれば箸をいれやすくなります。


本当に簡単で、泉州たまねぎを丸ごと味わえるのでお勧めです。

ほかにも楽しみ方はいろいろあるので、大阪タカシマヤでお待ちしています。
金曜日、土曜日の大阪タカシマヤは20時30分までの営業で、ちょっと遅くなっても間に合います。

大阪タカシマヤで催事を1週間、23日まで

今年も大阪タカシマヤで泉州たまねぎの販売をさせていただきます。

各所での催事販売は皆様と直接お会いできる貴重な機会。
今年も大阪タカシマヤで催事をさせていただくことができました。

20170507-002-_DSC6856.jpg

今年の採れたて泉州たまねぎを用意して、大阪タカシマヤでお待ちしていますのでぜひお立ち寄りください

2017年の泉州たまねぎを販売開始しました

20170503-001-_DSC6787.jpg

まだかまだかと、お問い合わせを多くいただいていましたが
今年も泉州たまねぎの販売を開始しました。

泉州たまねぎを購入する - 長左エ門(ちょうざえもん) 射手矢農園オンラインストア

できるだけ収穫から時間をおかないでお届けしたいと思っています。
そのため、多少の土や砂がついているかもしれません。

収穫からあまり手を加えないでお届けするためですので、なにとぞご了承ください。

20170503-002-_DSC6791.jpg

5月17日からは大阪タカシマヤでも販売をさせていただきますので、お近くにお越しの方はぜひ足を運んでみてください。

せやねん!の土肥ベジ太ブルが射手矢農園に

20170409-001-_DSC6229.jpg

関西の土曜日お昼と言えば「せやねん!」
その中でも苦手なお野菜を克服するコーナー、土肥ポン太さんの「土肥ベジ太ブル」で射手矢農園にきていただきました。

やっぱりあの独特の辛みが苦手っていう人は大人でも結構いらっしゃったりします。
そこで射手矢農園の泉州たまねぎを食べてもらおうということになりました。

20170409-002-_DSC6126.jpg

畑にポン太さんとたまねぎが苦手なお兄ちゃんたち。

20170409-003-_DSC5926.jpg

カメラの前だから、なのかそれとも苦手なたまねぎの克服、ましてやたまねぎの畑にきてなのか、お兄ちゃんはちょっと硬い表情ですが、そこはポン太さん盛り上げてくれます。

妹ちゃんはたまねぎ大丈夫みたいで、畑からたまねぎ引っこ抜いたりしてくれています。

20170409-004-_DSC6166.jpg


中身は...こんな感じ

20170409-005-_DSC6276.jpg


もちろん、たまねぎを畑から引っこ抜くだけだと出荷はできないので、ふだん射手矢農園で行っているように根っこの部分と葉っぱの部分を専用の鎌で切り落とします。

20170409-006-_DSC6300.jpg

これでスーパーでよく見慣れた姿になりましたね。

さて、ここからはいくつかのお料理を出すんですが、ポン太さんのこの表情

20170409-007-_DSC6438.jpg

はたしてお兄ちゃんはたまねぎを克服できるのか、それとも、、、

20170409-008-_DSC6442.jpg

ちなみに、最後はこんなに仲良くなりました。

20170409-009-_DSC6473.jpg

20160507_DSC6116_003.jpg

最近、なにかと話題のスキレット。

なにが便利かというと、持ち手が短く全体がすべて鉄でできているのでオーブンにそのまま入れられるところですね。

ということで、オーブンもいいけど魚焼きグリルでやってみました。

輪切りの泉州たまねぎを、スキレットにならべて魚焼きグリルへ

20160507_DSC6100_001.jpg

しばらくすると、こんな感じでやきあがり

20160507_DSC6110_002.jpg

これからの季節、キャンプなんかでも活躍するかもしれないスキレット。
わりと丈夫なのでいろんな使い方ができそうですね。

20160505_DSC5837_004.jpg

泉州たまねぎ、買いすぎたなー

とか

一個使い切れないかなー
とか、そういう時にはタルタル風がお薦めです。

ちょっとだけ余った泉州たまねぎをみじん切りにして、マヨネーズで混ぜるだけ。

20160505_DSC5830_001.jpg

20160505_DSC5832_002.jpg

20160505_DSC5833_003.jpg

お好みでパセリやレモン、ツナなんかもいれてもいいかもしれません。

醤油をほんのすこし垂らすと、味がしまります。

20160505_DSC5839_005.jpg


新鮮な泉州たまねぎなら水にさらす必要もないので、そのままでいけます。

おにぎりにしたり、サンドイッチに挟んだり。

20160505_DSC5903_007.jpg

20160505_DSC5923_008.jpg


シャキシャキとした食感が美味しいタルタルが一瞬でできますよ

20160505_DSC5844_006.jpg

20160403_DSC5481_001.jpg

今年の泉州たまねぎの購入では度々ご迷惑をおかけしていますが、18日から一週間、大阪タカシマヤで販売を行います。
先月とは違って、"いつもの"場所でお待ちしております。

その間はネットでの発送はお休みさせて頂きますが、お近くの方はぜひ大阪タカシマヤへお越しください。

もちろん、例年の通り大阪タカシマヤからの配送もお受けできますので重たくても大丈夫です!

大阪タカシマヤ| トップページ

1-2016-05-17.jpg

東京都庁での販売は無事終了しました

おかげさまで、今年も東京都庁も無事終了しました。

もずやんも一生懸命頑張ってくれたおかげか、最後の日も遠くからのお客さまにおいで頂いてありがとうございます。

来週の18日からはなんばの大阪タカシマヤで頑張りますので、関西近郊の方はぜひ!大阪タカシマヤへ!

20160513mozuyan20160513_001.jpg

もずやん、ありがとう!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち泉州たまねぎカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは松波キャベツです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.24-ja