長左ェ門日記

たくさんの生らっかせいを買っても、ちょっと食べきれないかもと思ったら、落花生のペーストを作るというのはどうでしょう?

20171102-001-_24A9836.jpg

いつものバターやジャムの代わりにトーストと一緒に食べるとおいしいですよ。

作り方は茹でた落花生を、すり鉢やフードプロセッサーでつぶします。
滑らかにつぶしてもいいし、つぶつぶ食感を残すのも自家製ならではです。

20171102-002-_24A9839.jpg

今日はこれぐらい、つぶつぶ感を残しています。

20171102-003-_24A9852.jpg

このままでも十分、甘みも香りもありますがもう少し甘みを足すならはちみつなんかがおすすめ。

20171102-004-_24A9858.jpg

あとはトーストに塗るだけ。
フレッシュな生らっかせいから自分だけの落花生ペーストです。

20171102-005-_24A9891.jpg

ペーストにするだけいろんなものに使えるのでぜひ試してみてください。

すでにお越しいただいた方はお気づきかもしれませんが、この時期は新米がでまわりお米もおいしい時期ですね。
もちろん、射手矢農園の新米も一緒にお待ちしています。

そこで、お客様に教えてもらった生らっかせいの炊き込みご飯をご紹介します。

20171102-001-_24A9939.jpg

まずは生の状態の落花生の殻をむきます。

20171102-002-_24A9828.jpg20171102-003-_24A9829.jpg

生の落花生は殻をむくと薄いピンク色の薄皮がみえますが、この薄皮はそのままでかまいません。

研いだお米にいつものお水の分量、そこに殻を外した生の落花生をいれます。

20171102-004-_24A9825.jpg

味付けは、シンプルに塩やお醤油で。
今回はお醤油を小さじ一杯でしたが、塩の場合は小さじ1/2杯ぐらいでもいいかもしれません。

20171102-005-_24A9832.jpg

あとは炊飯器のスイッチを押して、炊きあがるまで待ちます。

炊きあがりはこんな感じ。

20171102-006-_24A9898.jpg

ほんのり落花生の香りと色がついた生らっかせいの炊き込みご飯は本当にこの時期にしか食べられないもので、ほくほくとした触感が楽しい炊き込みご飯です。

20171102-007-_24A9907.jpg

生らっかせいを購入されたらぜひ試してみてくださいね。

20171102-008-_24A9937.jpg

11月8日から11月14日までの1週間、大阪タカシマヤで射手矢農園の生らっかせいを催事販売させていただきます。
場所は地下一階わくわくスポットになります。

20171014-_24A0414-002.jpg

昨年は多くの方にお越しいただき、ご好評をいただきましたがその時々に生らっかせいを活かした食べ方も教えていただきました。
生らっかせいでしか食べられないおいしい食べ方があるんだなと。

今年はそのあたりもお届けできたらなと思っています。

大阪タカシマヤ| トップページ

20171014-001-_24A0444.jpg

泉佐野の10月は祭の季節です。

住宅街の中をだんじりが駆け抜ける場所もあれば、田畑の間をぬけるところもあります。

20171008-_24A0071-001.jpg

そんな泉佐野のだんじりも直前までは天気がすぐれなくてどうなるかと心配していましたが、空も晴れ渡りました。

青い空の中で田畑の間を駆け抜けていきます。

20171008-_24A9892-002.jpg

先頭をいく、まといが目の前を通ればもうすぐだんじりがくる合図。

20171008-_24A0111-003.jpg

しばらくすると、威勢のいい掛け声とともにだんじりが通り過ぎていきます。

20171008-_24A0180-004.jpg

稲刈りが終わりキャベツの定植がはじまるこのころの季節が移り変わっていく、かかせない風物詩です。

特に今年は、子供会会長として祭の一端を担っていたので
大きな事故もなく無事に終わりほっとしています。

20171008-_24A0382-005.jpg

そんなだんじりがはしりぬけたところで、射手矢農園の泉州キャベツも定植をすすめています。
もっと寒くなったらきっとおいしい泉州キャベツが出来上がると思うので楽しみにしていてください。

ここまで見えるまで毎年心配で仕方がないですが
みなさまのおかげで、今年も、田んぼアートが見えるようになりました。

20170830-001-DJI_0026.jpg

参加してもらったみなさまの、「縁」がむすぶことができればいいなと思ってこのような図柄にしてみました。

ついでに動画も撮ってみました。
稲が風にそよいでいていい画が撮れたなと思っています。


さて、撮影もできたので次はポストカードも作ろうと思っていますが
田んぼアートでお手伝いいただいた方の中で、

「名前を書き忘れた」
「ポスカードちょうだい」

という方がいらっしゃいましたら、個別にご連絡ください。

10月中頃にでき次第、お送りしたいと思います。

今年も皆様のご協力で田んぼアートができました。
きっと美味しいお米が実るとおもいます。
ありがとうございました。

さて、田んぼアートも無事終わり稲もすくすくと育っていますがこんな田んぼアートを当日はもちろん準備段階からも相談や手伝ってくれる人たちがいます。
なかなか、射手矢農園だけではできません。


稲の準備には西成のお好み焼き屋さん、でんのみんなに手伝ってもらいました。
(その時に来ていただいたお客さんにも飛び入りで手伝っていただきました)

20170618-002-_DSC7073.jpg

日本で一般的な田植えは水稲(すいとう)という方法で、タネを発芽させて苗にしてそれを植えます。
いわゆる「種まき」といったことをこの段階で慎重に行うことで元気な苗に育つんですね。

専用の穴が開いたところに、土とタネを一緒に入れていきます。
以前は田植え機ようのものを使っていましたが、一つずつが分かれているほうが植えやすいだろうとのことでこの方法になりました。

20170618-001-_DSC7050.jpg


20170618-003-_DSC7077.jpg

そのおかげで当日の田植えもスムーズに行えたと思います。

その苗をみんなで植えていただいた苗はこのように準備をしていたりします。

そして当日は、多くの飲食店関係者の方にお手伝いいただきました。

多くのスタッフで手伝ってくれて、複数回田んぼにも入っていただいたうどんののらやのみなさん。

20170708-004-_24A8543.jpg

水ナスのマコト商店さん

20170708-005-_24A8111.jpg

かき氷を提供してくださったユッキーさん

20170708-007-_24A8118.jpg

20170708-006-_24A7790.jpg

こめ油をつかったコロッケを提供してくれた麦の郷 けいじん舎
くせのないこめ油で揚げたコロッケはイモの香りがしてめちゃくちゃおいしいです。

20170708-008-_24A7817.jpg

りんくうタウンで地元の食材を使ったキッシュのお店をしているフラワービー

20170708-013-_24A8356.jpg

そして暑いのに鉄板を担当してくれた、お好み焼 でんと福太郎のスタッフ、東果市場のみなさん

20170708-009-_24A7840.jpg

20170708-010-_24A8095.jpg

20170708-011-_24A8108.jpg

20170708-012-_24A7845.jpg

ほかにも、地元泉州タオルの袋谷タオルさんが提供してくれたタオルや、今回はこれなくても差し入れをしてくれた寺田農園さん、津村屋さんのくるみ餅、楽豆屋さんの豆菓子、アガタファームのぱん、そしてテントの下で運営を手伝ってくれたみなさんや子どもたち、本当にたくさんの方に支えてもらえました。

20170708-014-_24A8510.jpg

20170708-015-_24A8529.jpg

みなさんがいないとなかなかスムーズにできなかったと思います。

本当にありがとうございました。

今年もありがとうございました!!

まだ、植えられていない田んぼ。これから100人ほどの人たちに田植えを行ってもらいます。

20170708-002-_24A7585.jpg

準備は子供たちにも参加してもらっています。

20170708-003-_24A7592.jpg20170708-001-_24A7556.jpg

さぁこれからです。

20170708-004-_24A7606.jpg

一通りの説明をおえて

20170708-005-_24A7618.jpg

ファースト、田植え。

20170708-006-_24A7629.jpg

天気もほどよく、スムーズに田植えがすすんでます。

20170708-007-_24A7810.jpg

小さい子どもたちも含めた、最初のAグループはなかなか不慣れな部分もあったと思いますが、この後に続くグループのいい見本になったとおもいます。

20170708-008-_24A7639.jpg20170708-009-_24A7703.jpg

20170708-010-_24A7749.jpg

実は植えてくれている人たち以外にもまわりではサポートしてくれている人たちもいます。

20170708-011-_24A7718.jpg

20170708-012-_24A7720.jpg

20170708-013-_24A7782.jpg

水風船をつくって、

20170708-014-_24A7796.jpg

割ったりもしますけど。

20170708-015-_24A7797.jpg

いい天気です。

20170708-016-_24A7848.jpg

20170708-017-024A7856.jpg

Bグループにバトンタッチで意気込み十分です。

20170708-019-024A7879.jpg20170708-020-_24A7921.jpg

Bグループにも子どもたちや親子連れで参加してもらってにぎやかなチームになっています。

20170708-021-_24A7932.jpg20170708-022-_24A7931.jpg

20170708-023-_24A8012.jpg20170708-024-_24A8022.jpg

みなさんを田んぼのなかでサポートするのはこの人たち。

20170708-025-_24A8053.jpg

20170708-026-_24A8056.jpg

子供たちは体力を温存中です。

20170708-027-_24A8084.jpg

20170708-028-_24A8090.jpg

もう、Bグループが終わるころには半分超えました。

20170708-029-_24A8033.jpg

次のグループでは子供たちを含めて多くの人に協力してもらえました。

20170708-030-_24A8124.jpg

20170708-032-_24A8132.jpg20170708-033-_24A8317.jpg

20170708-031-_24A8184.jpg

あともう少し

20170708-034-_24A8332.jpg

20170708-035-_24A8258.jpg

おわった!

20170708-036-_24A8360.jpg

みんな泥だらけになって、汗だくになって手伝ってくれました。

20170708-037-_24A8409.jpg20170708-038-_24A8415.jpg

20170708-039-_24A8462.jpg20170708-040-_24A8416.jpg

後片付けでも、多くの人に手伝ってもらえてすぐに終わり無事に田んぼアートの田植えを終えることができました。

20170708-041-_24A8443.jpg

20170708-042-_24A8433.jpg20170708-043-_24A8554.jpg

今年も多くの人に助けられ、飲食関係者の方にはテント内で食べ物やデザートなどを提供していただきました。
来られなかった人からも差し入れという形で助けられましたしなにより、田植えを手伝っていただいたみなさま、本当にありがとうございました。


今年の夏もひと段落です。
本当にありがとうございました!!

20170708-044-_24A8567.jpg

また、後日に改めて協力していただいた飲食関係の方のご紹介をしたいとおもいます。

今年もおかげさまで、東京都庁での販売をさせていただいています。

IMG_7210.JPG

10日、11日だけですがもずやんも一緒にきてくれていますので、お近くの方はぜひお立ち寄りください。

IMG_7211.JPG

11日は搬出の都合上、15時までとなっていますのでお早めにどうぞ。
2階でお待ちしています。

IMG_7212.JPG

20170708-001-_24A8068.jpg

詳しい様子は後日、改めて記事にしますがまずは2017年の田んぼアートも無事に終えることができました。

これもみなさんのご協力のたまものです。

あらためて、ありがとうございます。

20170708-002-_24A8368.jpg


そして、この日が誕生日の皆様、おめでとうございます。

20170708-003-_24A8398.jpg

さて、田んぼアートが終わった射手矢農園は、この後10日と11日に東京都庁での販売のため東京へ向かいます。
お近くに寄られた方はぜひお立ち寄りください。

20170708-001-_DSC7145.jpg


20170413-002-_DSC6661.jpg

今年も多くの方に来ていただいた大阪タカシマヤの催事も火曜日までになりました。
期間中に何度もお越しいただいたお客様もあり、本当にありがとうございます。

さて、泉州たまねぎは余すことなくお料理に使っていただいていると思いますが、不意にちょっとだけ残っちゃったってことありませんか?

なにか料理やサラダにするには少ないし、でも捨てちゃうのももったいないし。

そんな時には泉州たまねぎのミニバーガーとかはどうでしょうか?

20170413-001-_DSC6655.jpg

サクサクと細切りやスライスにして、お手頃なパンで挟んじゃう。
もちろん、ドレッシングもかけてオッケー。


バターやジャムで食べるパンもいいですが、泉州たまねぎだけのパンっていうのも気軽に一口でいけます。

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景