長左ェ門日記

おかげさまで、大阪タカシマヤでの催事も終わり一息ついたところです。

今年は台風などで射手矢農園だけでなく、多くの方が少なからず影響を受けられているかと思いますが、先に、ご報告させていただいた田んぼアートは台風が過ぎた後でもしっかりと根を張って踏ん張ってくれました。

そんな田んぼアートを色々な角度からご覧いただけるように短い動画ですが用意しました。

皆さんに参加していただいた時からおよそ一週間感覚で撮影してみて、ググッと成長する様子が力強さを感じさせてくれます。

また、参加していただいた方には記念にポストカードもお送りさせていただいています。
今年もご協力、ありがとうございました。


https://youtu.be/Xo9NKXlCFRE

田植えの時はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=qG8muDi4jxs

落花生といえば殻付きの煎ったもの、というのが多くの人のイメージだと思いますが、実は煎らない落花生も美味しいんですよ。

もし、皆さんの周りで茹で落花生を食べたことがない人がいればぜひ勧めてあげてください。きっとやみつきになると思います。

明日も、大阪タカシマヤでお待ちしています。

20181013-001-_24A5381.jpg

お客さまから教えていただいた、らっかせいご飯を作ってみました。
いつもの炊飯器、いつもの分量で簡単にできるのでぜひ試してみてください。


作り方は簡単。
生の落花生の殻をむいて

20181013-001-_24A5282.jpg

いつものごはんを炊く分量にお出しと一つまみのお塩と


20181013-002-_24A5284.jpg20181013-003-_24A5287.jpg

落花生をいれてスイッチを入れるだけ。

20181013-004-_24A5288.jpg


炊きあがったら、軽く混ぜて余分な水分を飛ばせば

20181013-005-_24A5332.jpg20181013-006-_24A5337.jpg

らっかせいご飯が出来上がりです。
この季節にしか食べられない、らっかせいご飯をぜひ試してみてください。

20181013-007-_24A5360.jpg

だんだんと涼しくなってきたら、生の落花生食べたいなぁ、

というのが関西の人にも定着してほしい・・・ふんわりとした甘さが美味しいんです。

20181013-001-_24A5409.jpg

大阪、難波にある大阪タカシマヤ、地下一階の催事売り場にて落花生の催事販売を行います。

いつもお越しいただいている方はもちろんご存知だと思いますが 射手矢農園が売り場に用意するのはおお振りの生の落花生なので、まず一袋目は塩茹でをしていただいて、新鮮な落花生の甘味をぜひ感じて欲しいです。

合わせて、今年の新米もご用意してお待ちしています。

ハロウィーンで忙しい31日ですが、お帰りには大阪タカシマヤにぜひお立ち寄りください。

9月4日の台風21号の影響で、オンラインストアのしばらくの休止とお客様にはご迷惑をおかけしております。
10月9日から再開できる予定です。


ニュース映像で、いくつかのハウスや小屋が耐え切れずつぶれてしまった場面をご覧になられたみなさまにはご心配をおかけしましたが、幸い射手矢農園では人的な被害はありませんでした。

20180922-001-DJI_0017.jpg

田んぼアートも無事にここまで育ってきました。
くしくもキャベツには思いが通じたようで、一部の苗たちはしっかりとふんばってくれました。

ふんばってくれたキャベツたちのように、射手矢農園もふんばっていきます。

無印良品といえば、シンプルでおしゃれな日用品でお世話になっていますが、そんな無印良品で射手矢農園の泉州たまねぎが2日間期間限定で購入できます。

大阪府堺市の無印良品 イオンモール堺北花田にて8月11日土曜日と12日日曜日に販売をさせていただきます。

【イオンモール堺北花田】農業を繋ぐ人たち展|Open MUJI
https://shop.muji.com/jp/sakai-kitahanada/2718/?kitahanada=180803_046600_2

湯川真理子さん著
『宝は農村にあり 農業を繋ぐ人たち』

射手矢農園だけでなく本に掲載されている農家さんの写真の展示もあり、少し前に写真撮影に無印良品のスタッフの方たちが暑い中来ていただきどういった展示になるんだろうとドキドキしています。

20180723-007-_24A4577.jpg

20180810_FullSizeRender.jpg

この様に、大ひと玉と小二玉入の予定です。
バラ売りでキロ売りは有りません。
ご了承頂けます様、お願い申し上げます。

参加していただいた皆様は暑い中、本当に大変だったと思います。

今年は4グループにわけて植えたので、約128人の方が田植えをしてくれたことになります。

もちろん、それ以外にも食事や差し入れでサポートしてくれたひともいるので、とても多くの方に支えられています。

それでは今年もそんな田んぼアートを作る人たちの風景をご覧ください。

約1か月前、田んぼアート用の苗を仕込みます。
これでだいぶ植えやすくなります。

20180617-001-_24A3572.jpg20180617-001-_24A3637.jpg

受付がはじまり...

20180708-001-_24A3690.jpg

と、思ったら差し入れのトウモロコシが大人気。
この日の朝4時に収穫されたトウモロコシです。

20180708-002-_24A3681.jpg

さて、本番。
一通り説明をして

20180708-003-_24A3704.jpg20180708-004-_24A3706.jpg

スタートです。

20180708-005-_24A3716.jpg

20180708-001-_24A3733.jpg20180708-002-_24A3738.jpg

20180708-003-_24A3740.jpg

射手矢農園もサポートしています。

20180708-006-_24A3725.jpg

グループごと担当を分けているので、次のグループと交代です。

20180708-007-_24A3808.jpg20180708-008-_24A3812.jpg

その間、休憩。

20180708-009-_24A3814.jpg

次のグループにバトンタッチ

20180708-010-_24A3823.jpg

終わったグループの人たちは泥を洗い流し、凍らせておいた泉州タオルで疲れをいやしてもらいます。

20180708-013-_24A4251.jpg

待っている方や終わった方は飲食関係の方々がいろいろと用意して待っています。

20180708-018-_24A3968.jpg

20180708-014-_24A3790.jpg20180708-015-_24A3801.jpg

20180708-016-_24A3864.jpg20180708-017-_24A3872.jpg

20180708-019-_24A3876.jpg20180708-020-_24A4131.jpg

20180708-021-_24A4140.jpg

その間も、ちゃくちゃくと田植えはすすんでいきます。

20180708-022-_24A3882.jpg

20180708-023-_24A3888.jpg20180708-024-_24A3908.jpg

20180708-025-_24A3911.jpg20180708-026-_24A3934.jpg

20180708-027-_24A3989.jpg

泥だらけになっても

20180708-029-_24A4022.jpg

楽しんでもらえているみたいです。

20180708-028-_24A4011.jpg

次のグループにバトンタッチ。まだ、汚れていません。

20180708-030-_24A4044.jpg

田んぼの中からサポートしてくれているのでどんどんすすみます。

20180708-032-_24A4121.jpg

田んぼの外からもサポートしてくれます!

20180708-033-_24A4180.jpg

今年は子どもたちもたくさん参加してくれて助かっています!

20180708-034-_24A4194.jpg

20180708-035-_24A4199.jpg20180708-036-_24A4224.jpg

ちょっと休憩

20180708-037-_24A4243.jpg

最後のグループも後ろが見えてきました。

20180708-038-_24A4288.jpg

20180708-039-_24A4307.jpg20180708-040-_24A4337.jpg

あと、もう少し。

20180708-041-_24A4344.jpg

おわったー

20180708-042-DJI_0017.jpg

左側が今回みなさんが植えた田んぼ。
ほんとうにすごいです。

20180708-043-DJI_0018.jpg

前日までは天候も心配でしたが、当日は運よく天候に恵まれました。
そして、大きな事故もなく無事に終えられたのはみなさんのおかげだとおもいます。

本当にありがとうございました。

絵柄が見えるのは8月の上旬ごろ。
ドキドキしますが、その時までのお楽しみ!!

2018年7月は大阪北部で地震があり、その2週間後には西日本で豪雨災害がありました。
射手矢農園ではおおきな被害はありませんでしたが、報道されている映像や聞き及ぶ被害状況など、自然と対峙して仕事をしている身としては身につまされる思いがあります。
地震や豪雨で被害にあわれた方におきましてはこころよりお見舞いを申し上げます。

田んぼアートも屋外で行うので天気予報を眺めながら少しずつ準備を行ってきました。

20180617-001-_24A3637.jpg

今年も、多くの方にあつまっていただき、おかげさまで大きな事故もなく無事終えることができました。

また、参加していただいた方々をサポートしてくれる出店者の方々にもただいな尽力をいただきました。
(一覧はすべて敬称略、順不同)


  • 一品一会
  • 社会福祉法人 一麦会 けいじん舎
  • 崔家の健美鍋
  • 佐藤シェフ
  • でん
  • のらや
  • pain de Riz Riz
  • 泉州特産 水なす漬本舗 マコト商店
  • 宮がみ屋


また、差し入れをして頂いた方々

  • (株)岡本ファルコ
  • 築野食品工業
  • 津村屋
  • 寺田農園(株)
  • 泉州タオル ふくろやタオル
  • (株)冨士屋製菓本舗
  • 益田農園


本当に、ありがとうございました。

そして田んぼに入って、ひとつひとつ稲の苗を植えてくれた皆様、本当にありがとうございました。

20180708-001-_24A3769.jpg

皆様のご協力がないとできませんでした。

まずは皆様にお礼をお伝えし、もう少し写真や動画をつけたものを後ほど掲載させていただきます。

そろそろ、暑くなってきて食欲とかなくなってきませんか?
そんな時には少しスパイシーなキーマカレーとかはどうでしょう?

20180609-008-_24A3475.jpg

いつものカレーもいいですが、材料すくなく簡単に炒めるだけのキーマカレーなら
この暑い時期も乗り切れそうです。

材料はひき肉と泉州たまねぎ、カレー粉にスープの素だけ。

スープの素はコンソメなんかでもいいですが、今回は射手矢さんち泉州たまねぎスープを使っています。

まずは、泉州たまねぎをまるごとひとつをざくざくとさいの目切りに。
細かいことは気にせずに大きくても全然オッケー。

20180609-001-_24A3372.jpg

20180609-002-_24A3385.jpg20180609-003-_24A3401.jpg

ある程度火が通ればひき肉を炒めていきます。
だいたい200gから300gぐらい。
こちらも全体的に火がとおれば、射手矢さんちの泉州たまねぎスープを一袋。

20180609-004-_24A3407.jpg

さいごに、カレー粉を大さじ1から大さじ2ぐらいお好みで味をみながらいれてください。

20180609-005-_24A3412.jpg

水を一滴も足していませんが、泉州たまねぎのうまみとひき肉の肉汁だけで十分です。

20180609-006-_24A3416.jpg

粉っぽさがなくなるまでよく炒めたら、できあがり。
これでだいたい二人分くらい。

煮込み必要なし、すぐにできるスパイシーな泉州たまねぎのキーマカレーです。

20180609-007-_24A3441.jpg

本当に材料がすくなくて、ひき肉と泉州たまねぎ、調味料はカレー粉と射手矢さんち泉州たまねぎスープだけ。

20180609-009-_24A3487.jpg

ね、簡単でしょ。

おこのみで目玉焼きなんかをのせてもおいしいですよ。
ぜひ、試してみてください。

去年もお伺いさせていただいた東京都庁。
今年も、射手矢農園のおいしい泉州たまねぎを東京都庁にて3日間販売をさせていただきます。

今年は去年とすこしだけ場所がかわり

東京都庁第一本庁舎1階、全国観光PRコーナーとなります。
時間も、13日は午前11時から18時30分まで。
翌日14日は午前9時30分から18時30分まで。
最終日15日は、午前9時30分から17時まで。

20180612_01.jpg

20180612_02.jpg
東京近郊のみなさまお待ちしていますので
時間が変則的なので時間に余裕をもってぜひお越しください。

タロウです

泉州たまねぎとは

たまねぎのある風景